パソコンとタブレット用のメイン画像

スマートフォン用のメイン画像



  

原木栽培

しいたけを原木栽培にこだわっています。栽培場所は、植林や間伐など長年努めて管理してきたもので、自然木のクヌギ原木に駒打ちをする方法です。収穫まで二夏経過を要し、最適環境のホダ場(栽培地)で出来た“しいたけ”です。

  

年間予定

赤字は平均期間

伐採(ばっさい)

原木を伐って枯らす 10月~11月下  

玉切り(たまぎり)

原木を約1mに切る 1月~  

駒打ち(こまうち)

原木に種駒を打つ  2月~  

入れ木(いれき)

菌を伸ばす期間おく 5月~2年間  

ホダ起こし(ほだおこし)

準備でホダ木起こす 11月~4年間  

採取(さいしゅ)

しいたけを採る作業 11月~5月  

  

生産 乾しいたけ(通年)、生しいたけ(限定)
代表 倉橋 清晴(くらはし きよはる)
地域 大分県竹田市久住町
問合 0974-77-2504=TEL FAX