パソコンとタブレット用のメイン画像

スマートフォン用のメイン画像

久住高原

くじゅう連山を見渡せる広大な久住高原の自然林の中で栽培環境を整えていますので、商品名は「大分・久住高原しいたけ」とネーミングしています。健康食として最高の食材“しいたけ”をどうぞ。

原木栽培

しいたけを原木栽培にこだわっています。栽培場所は、植林や間伐など長年努めて管理してきたもので、自然木のクヌギ原木に駒打ちをする方法です。収穫まで二夏経過を要し、最適環境のホダ場(栽培地)で出来た“しいたけ”です。

厚肉上質

採取する時は、しいたけの傘が開き過ぎないようにして厚肉の“どんこ系”で採ることを心がけています。安全安心はもとより配慮した経営形態です。十分な肉質で、歯ごたえと旨味・風味のある上質品に仕上げています。

  

商品 久住高原しいたけ
代表 倉橋 清晴(くらはし きよはる)
住所 大分県竹田市久住町大字栢木4033
〒878-0204
問合 0974-77-2504=TEL FAX
時期 生シイタケ 12月~ 3月、乾=通年
販売 袋物各種(品質別)、箱詰品
価格 お問合せください


   写真をクリックすると参考動画へ
      

記事

倉橋さん

◆倉橋清晴さんは、雄大な自然と高原のある久住町で、原木栽培の椎茸に従事している◆品物は厚肉のドンコ採りにこだわり、直売の価格は椎茸の大きさによる◆乾しいたけの問合せがあれば周年で対応。ただ、非通知の電話に困ると言う。転送されるが自身は山仕事が多いため折り返しで応対したい◆12月から3月の時期には、生シイタケの状態でパックしてネーミングが「大分久住高原しいたけ」で、県内某スーパー全店の店頭に並ぶ。同時期には問合せでクール便による直送も受付ている◆椎茸のボリューム感と旨みは食べてみて違いに驚く。その栽培環境が安全と安心を提供してくれる◆持山で、植林しながら管理しているので原木自体の販売もできるという。取りに来られる方に限る◆森林管理は長年のノウハウで保持。環境保全という役割を担い、地球環境を支えていくことにも繋がる。(プライ)